<< おもちゃ棚を購入&設置!オススメの棚はこれ! | main | パパ視点の幼稚園あるある3連発 >>
2018.04.12 Thursday

専業主夫なる方法や暮らしがわかるかも?専業主夫のおすすめブログ3選!

0

    最近話題の専業主夫とは?

    働く女性や社会でも活躍する女性は年々増えてきています。夫婦そろって共働きをしていく家庭も増えてきていますし、同時に女性が外で働いて男性が家で主夫をするという家庭も増えてきているのではないでしょうか。

    子供を妊娠して出産するという行為は女性にしかできませんが、男性もそれ以外の家事や育児は女性と同様にできることのあらわれかもしれません。

     

    実際、女性よりも男性の方が身体も大きく力があるので家事がスムーズにいくこともあるでしょう。

    奥様の方が稼ぎが多く仕事が大好きで辞めたくなかった、ご主人が自宅で仕事ができる職種だったなど、各家庭で専業主夫になった経緯は様々かと思われます。

    今回は人気の専業主夫ブログを3つご紹介します。

    結婚や働き方に悩んでいる方におすすめのブログをまとめました

     

    結婚をするにあたり、働き方について悩んでいる方もいるかもしれません。

    夫婦そろって深夜まで残業をし、休日出勤をすることもある激務であったり長期の出張などが多い職種では結婚し家庭を築いても続けていくことが難しいかもしれません。

    夫婦二人だけの生活であれば、独身時代と同じように働いていても問題はないでしょう。むしろ一緒に住む分、家賃や生活費が経済的で精神的にも夫婦になったということで安心できるかもしれません。

    しかし、子どもが生まれるとそうもいっていられないということも多いでしょう。上記のような夫婦そろって激務な場合、子どもを育てるにはどちらかの働き方を変える必要が出てきてしまうかと思われます。

    働き方を話し合う時に家を守るのは女、外で働くのは夫というステレオタイプで決めつけてしまうのではなく夫婦それぞれに合った選択肢が取れるといいですよね。

     

     

    気になる専業主夫のおすすめブログ3選

     

    今回は専業主夫ブログを3つご紹介します。まだ、専業主夫の方は数が少なく、なかなか身近に専業主夫をしている方がいないという方もいるかもしれません。

    妻の方が仕事が好きで辞めるなら夫である自分と考えているけど専業主夫の暮らしが想像できないという方はいくつかブログを見てみて自分に合っているか考えてみるのもいいかもしれませんね。

    専業主夫といってもお子様の手が離れたり家事をこなしていても時間が余ったりする時はパートをする主婦のようにパートに出たり自宅で株式投資などをしてお金を稼いでいる方もいるようです。

    今後、共働きや専業主夫という考え方だけではなく、在宅勤務が進めば自宅で会社の仕事をしながら幼い子供の面倒をみる兼業主夫も増えてくるかもしれません。

    様々な働き方や暮らし方の一つの例としてブログを見てみてはいかがでしょうか。

    〃觝Г靴藤廓、嫁さんの手料理を食べた事がない!

    結婚して3年、嫁さんの手料理を食べた事がない!

    一瞬、奥様は料理が苦手なの?ごはんを作ってくれないの?と思ってしまいそうなブログのタイトルですが違います。

    こちらのブログの奥様は教師でご主人がイラストレーターをしているため主夫業をメインで行っているようです。

    専業主夫のあるあるネタだけでなく、夫婦のほのぼのとしたエピソードがご主人の描いた4コマ漫画で紹介されています。

    ブログは文章が長くて読むのが好きではないという方も漫画であればすぐに読むことができるのでおすすめです。

    飾らないイラストや文体で主夫の方だけでなく主婦の方も「わかる!」と思ってしまいそうなエピソードが多く人気の高いブログです。

    ブログの内容が書籍化もされていることからも人気の高さがうかがえますね。

    ∪豢伴臧廖▲櫂鶺箸療盟海覆襪泙泙

    専業主夫、ポン吉の徒然なるままに
    こちらのブログはもう20年以上も専業主夫をしているというベテラン専業主夫のブログです。

    こちらのご家庭では最初はDINKSで生活をしていて子どもが出来ても共働きを続けていたけれどお子様が小学校に入学するときに夫婦のどちらかが子どもに専念したいと考えてご主人が専業主夫になることを決めたようです。

    10年以上働いてきたキャリアを捨てることは大変だったかと思われます。奥様自身も家族を養っていくのは大変な決意でしょう。

    まだまだ少数派で男性が外で働き女性が家を守るという家族の形とは逆になりますが、家族の幸せのために決断をしたのは素敵なことです。

    夫婦共働きでの子育てに限界を感じている方や夫婦そろって激務で夫婦の時間が取れずに感じている方にぜひ読んでいただきたいブログです。

    シュウキチさんの主夫ですよ〜。

    シュウキチさんの主夫ですよ〜。

    こちらのご家庭もご主人の専業主夫歴は10年ともうベテランのようです。ブログ自体も2012年よりスタートしている長寿ブログです。

    ブログを運営しているシュウキチさんはお子様3人の育児と家事を担当されているそうです。

    育ち盛りの子供が三人ともなると体力も多く力の強い男の人の方が育児と家事を切り盛りしていくのにピッタリかもしれませんね。

    子供の離乳食が軌道に乗るまでは奥様が母乳をあげていたようで家族を養うために仕事をしながら母乳をあげる奥様も大変だったでしょう。

    家族それぞれが自分のできることを一生懸命家族のためにこなしている素敵なサンプル例ではないでしょうか。

    懸賞やIPO株への投資などもされているようで、自宅にいながらもできる仕事をしてお金を稼いでいるのかもしれませんね。

    専業主夫なる方法や暮らしがわかるかも?専業主夫のおすすめブログ3選!のまとめ

    いかがでしたか?「自分が仕事を辞めるなんてとんでもない」と考えている男の人もいるかもしれませんが、家族の幸せの形はそれぞれです。

    無理をして共働きを続けて夫婦ともに疲れてしまったり、お子様へのケアが十分でなくなるのは本末転倒かと思われます。

    単純に「女だから家庭に入れ」と奥様の仕事を奪ってしまうのでは仕事に情熱を持っていた奥様の場合、夫婦関係に溝が生まれるきっかけになるかもしれません。

    外国のように夫婦そろって仕事がセーブできるのが理想かもしれませんが、日本の働き方ではなかなか難しい面もあるでしょう。

    そんな時はあくまで選択肢の一つとしてご主人が家で育児と家事を担当する専業主夫という家族の形についても検討してみることをおすすめします。

    大切なことはステレオタイプや価値観などにとらわれず家族一つ一つの形に合った働き方をしていくことではないでしょうか。

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    プライバシーポリシー
    こちらへ
    お問い合わせ
    タケオへ
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM